ホワイトニングには知覚過敏というデメリットがある

ホワイトニングをして知覚過敏になることはある?

ホワイトニングを行った後に、知覚過敏の状態になってしまうことはあるのでしょうか?

 

実はホワイトニングを行うと、知覚過敏の状態になることはあります。

 

だいたいホワイトニングを行った人のうち20〜30%の方は知覚過敏を感じ、さらに軽症の場合を含めると大体7割の方は知覚過敏の状態になると言われています。

 

では、どうしてホワイトニングをすると知覚過敏になってしまうのでしょうか?

 

一つは歯に問題があるためです。
歯の表面は通常エナメル質で覆われていますが、このエナメル質が欠損していたり、歯が欠けたり折れたりしていて象牙質が露出している場合には強い痛みを感じる事があります。

 

 

同じように歯の根元や?合わせ部分のエナメル質が摩耗してしまったり、歯にひび割れがある場合、虫歯がある場合、歯周病などによって歯根部分が露出している部分などは、薬剤が神経に伝わり痛みを感じる事があります。

 

 

またホワイトニング剤の濃度が高い場合や、長時間ホワイトニングを行うと知覚過敏は強く出てきます。
歯の表面が乾燥している場合にも、実は知覚過敏の状態が起こりやすくなります。

 

では、ホワイトニングをする際に、知覚過敏の症状が出ないようにするためにはどのように対処すればいいのでしょうか?
一つには、ホワイトニングを行う前に、虫歯や歯周病などの歯の治療をしっかりと済ませておくということが基本です。

 

ホワイトニングを行う歯科医院によっては治療をしてからでないとホワイトニングができないこともあります。
また、オフィスホワイトニングの場合には象牙質の露出などがある場合、そこを避けて治療を行うこともできます。

 

ホームホワイトニングの場合はそのようなことができないので、ある意味知覚過敏は付き物と言えるのかもしれません。


ホワイトニングをして知覚過敏になることはある?関連ページ

歯のマニキュアについて
ホワイトニングは保険が利くのか?
アメリカで主流のホワイトニング法