歯を白くする方法

歯を白くすることで第一印象がアップしますよ!

あなたは鏡に映る自分の歯に自信が持てますか?

 

 

歯が印象に大きな影響を与えるということは多くの芸能人が大金をはたいてホワイトニングをしたり
歯並びを矯正したりしているというところを見ても明らかでしょう。

 

日本ではあまりありませんが、欧米では歯をきちんと手入れしているかという部分で
出世できたりできなかったりというのが決まってしまうという会社もあるそうです。

 

 

それだけ顔のパーツの中でも歯が与える印象は大きいといっていいでしょう。
笑った時や口を開けた時にチラッと見える歯が黄ばんでいたらあなたはどう感じるでしょうか?

 

 

少なくとも好印象となることはまずないでしょう。
逆に白くて綺麗な歯が見えたとしたら、爽やかで清潔感のある印象を持つことでしょう。

 

 

歯を白くする方法にはお金がかかると思う人も多いと思いますが、
ホワイトニングのように数万円という大金を掛けなくても歯を白くする方法はあります。

間違った歯を白くする方法

巷では身近にあるものを使って歯を白くする方法というものが噂になっていたりします。
あなたも一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

 

 

例えばレモン汁で歯を擦るとかベーキングパウダーで歯を磨くとか・・・

 

 

このような身近なもので歯を白くする方法や無料で歯を白くする方法というもので
紹介されているものは逆効果になったり歯の健康にとっては良くないものばかりです。

 

例でいうとレモン汁で歯を磨くと歯が白くなるのではなく歯が白く見えるかもしれません。

 

 

なぜ白く見えるのかというと歯の表面を酸が溶かし、光の反射が起きるからです。

 

 

しかし、歯のエナメル質は酸性にとても弱く、そんなことを続けていると酸蝕症になってしまい、
白くするどころか虫歯のような状態に歯が溶けたり穴が空いてしまうことにもつながります。

 

酸蝕症という言葉で一度検索をしてみれば、レモン汁で歯を白くする方法なんて1ミリもやる気が起きなくなることでしょう。

 

ベーキングパウダーで歯が白くなるというのは確かなことですが、
そもそも市販の歯磨き粉には同じ成分が含まれていることがほとんどです。

 

 

よっぽど普段歯磨きをしていない人ならベーキングパウダーを使って歯磨きをすれば
それなりに変化を感じることができると思いますが、おそらく当サイトをご覧になっている歯への関心の高い
あなたであればそのようなことはないと思いますので思っている以上の効果は得られないでしょう。

 

 

このように効果が得られないだけならまだしも、逆効果になることが多いので噂話レベルで
歯を白くする方法を実際にやってみるというのは避けたほうがいいでしょう。

歯を白くするための選択肢

正しい方法で歯を白くするために一番ポピュラーなのはホワイトニングに通うことでしょう。
ホワイトニングに通えばよっぽどのことがない限り白くて綺麗な歯を手に入れることができます。

 

 

問題となるのは歯を白くする方法の費用の面だと思います。
もちろん施術を受ける本数にもよりますが少なくとも5万円以上はかかると言われています。

 

 

もしあなたの歯の黄ばみの原因が加齢による象牙質の変色や、歯の神経を抜いたことによって
象牙質が変色してしまったという場合であればホワイトニングに通うことをオススメしますが、
日常生活で付着する程度の歯の黄ばみやヤニ汚れぐらいであれば自宅のケアで十分に歯を白くすることができます。

 

 

自宅ケアをする場合にオススメなのが歯のホワイトニングジェルやホワイトニング歯磨き粉です。
以前まではこういった商品は歯磨き粉の中に研磨剤の成分が入っていて歯の表面を削ることで
白くする方法というのが一般的でしたが最近人気になっているのは汚れを浮かせて落とすタイプの商品です。

 

 

歯を削ることがないので健康的な歯のままでいられます。

 

 

また、自宅でケアができるので歯のクリーニングなどで一時的に歯の表面の汚れを落としたけれど
時間が経つとまた黄ばんできてしまうということもなく、白い歯を保ち続ける「予防」いう意味でも
効果を発揮してくれるのです。

 

 

日常生活で付着するステインが原因となっている歯の黄ばみはホワイトニングジェルで十分に
落とすことができるので、高額なホワイトニングに通ったり、間違った歯を白くする方法を試して歯の健康を損なう前に、
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

人気のホワイトニングジェルランキング

歯を白くするホワイトニングジェル



 

医薬部外品として認められている歯のホワイトニングジェルが薬用ちゅらトゥースホワイトニングです。

 

このちゅらトゥースホワイトニングには、医薬部外品として歯を白くする効果以外にも
虫歯リスクと減らす、歯茎の健康、歯周病予防、口臭予防といった効果が認められている成分が配合されています。

 

ですので歯を白くすることはもちろん、これ1本で様々なオーラルケアが期待できます。
このような歯を白くする成分以外にも効果が期待できるホワイトニングジェルとなると、
通常1本で8000円程度するような商品が多いのですが、ちゅらトゥースホワイトニングは
定期購入であればずっと20%OFFの3980円とコストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

 

汚れの原因となるステインの再付着くを防いでくれる成分も配合されているので
普段から白い歯でいたい、そのためのケアには最適な一本と言えるでしょう。

 

>>>最安値通販サイトはコチラ<<<

 

 

 

トゥース

 

長年に渡って付着した頑固なヤニ汚れも落としてくれるということで通販で3秒に1個売れる人気商品です。
このトゥースメディカルホワイトEXの汚れを落としてくれる成分「ウルトラメタリン酸EX」は
国際特許成分としても認められていて、通常のメタリン酸ナトリウムの5倍のホワイトニングパワーを持っています。

 

ちなみに審美歯科でもメタリンを使ったホワイトニング手法というのは使われていて、
安全性が高くて刺激が少ないということで安全面が気になる方にとってもオススメです。

 

さらに、、トゥースメディカルホワイトEXは汚れを落とすだけではなく、ステインの
再付着を防ぐためのコーティングもしてくれるので白い歯を持続できるというところも特徴です。

 

かなり頑固な着色汚れをどうにかしたいという方にはピッタリでしょう。
14日間の返金保証も付いているので効果を実感して利用できるというのも人気の秘密でしょう。

 

 

>>>最安値通販サイトはコチラ<<<

 

 

 



 

美容歯科のホワイトニング法として人気の高い本格ホワイトニングです。
タレントさんやモデルさんが利用しているということで若い女性を中心に人気になっています。

 

市販の歯磨き粉には含まれていない成分「リンゴ酸」を始め実際に美容歯科で行われている
ホワイトニングの施術を元に製薬会社と開発されているという珍しい商品です。

 

さらにこの薬用パールホワイトプロEXプラスはホワイトニング効果はもちろんのこと、
口臭除去、虫歯予防、歯周病予防などに有効な成分が含まれているのでこれ一本で
お口のトラブルに対応できるというところが人気の理由でしょう。

 

ホワイトニングジェルの中でも少し高額な商品ではありますが、返金保証は45日
長めに設定されているのでしっかりと効果を実感しながら使い続けることができるでしょう。

 

歯の白さだけではなく、総合的なケアをしたいという方にピッタリだと思います。

 

 

>>>最安値通販サイトはコチラ<<<

 

 

 

歯の黄ばみとプラーク

プラークという言葉を聞いたことがあるという人はほとんどでしょう。
よく歯磨き粉のCMなんかでプラークコントロールと言ったりしていますよね。

 

 

プラークというのは歯垢とも呼ばれ、細菌の温床=汚れの塊のようなものです。
ちなみに歯石というのは歯垢が石灰化したもので歯石になってしまうと普通の歯磨きではなかなか落とすことが難しくなってきます。

 

プラークというと虫歯や歯周病の原因になっているというのはもちろんですが歯の黄ばみの原因もこのプラークが深く関係しています。

 

 

着色による歯の黄ばみの原因というと真っ先にステインという言葉が出てきます。
このステインというのは歯の表面に付着した汚れそのもののことを言います。

 

ステインが付きやすい食べ物や飲み物としてはカレーやコーヒー、紅茶などが知られていますね。
ちなみにもっともステインが付きやすい成分というのはポリフェノールだと言われています。

 

ワインに含まれている成分ですね。
このようなステインがプラークが発生する原因の一つとなっているのです。

 

 

普段歯を覆っている唾液に含まれているペリクルという糖たんぱく質成分がこのようなステインやプラークを引き寄せる原因になっていると言われています。

 

唾液には保護や洗浄、殺菌作用があると言いますが実はこういったマイナスの側面もあります。
しかし、ペリクルを分泌させないようにするために唾液を止めるなんてことはできません。

 

 

ですので付着したものは小まめに落とすしかないのです。
そういった意味では歯磨きを小まめにすることは歯の黄ばみ防止や歯を白くする方法に効果的と言えます。

 

汚れが付着する隙を与えないというようなイメージですかね。


ステインが付かない飲み物について

歯の黄ばみの元になると言われているステイン
ちなみにステインというのは歯に付着した汚れそのもののことを言うので
ステインという物質が歯に付着するという意味とはちょっと違います。

 

 

そう考えるとステインになりにくい物質は何か?ということになってくると思います。
例えばもっともステインが付着する原因となりやすいのはポリフェノールだと言われています。

 

 

その他にはお茶に含まれている成分としても知られているタンニンなんかも着色しやすい成分です。

 

 

究極的なことをいうとステインが付かない飲み物は「」ということになります。
そして、水以外の飲み物というのは基本的には歯にステインが付着する原因になると考えていいでしょう。

 

 

もちろん付きやすい、付きにくいというのはありますが。
考え方としては歯を白くする方法としてなるべくステインを避けることも重要です。

 

しかし、ステインの原因になるからとあらゆる飲み物を飲むことを我慢して水だけを飲み続けるというのは現実的ではありませんし、好きな飲み物を我慢するというのもストレスの原因にもなりかねません。

 

 

なのでステインが付かない飲み物を探すというよりはステインが付かないように対処したほうがいいでしょう。
一番いいのはステインを除去する効果のある歯磨き粉やホワイトニングジェルを使って小まめに歯磨きをすることです。
それこそが最も現実的な歯を白くする方法と言えそうです。

 

日常生活で付着したステインを落とすということはそんなに難しいことではありませんし、
わざわざ何万円も使ってホワイトニングに通ったりしてまで落とすようなものでもありません。

 

 

ステインになりやすい着色成分の入った飲み物や食べ物を飲食した後に意識的に歯磨きをすれば
歯の着色汚れにつながるということは少ないでしょう。

 

 

ただシチュエーションによっては歯磨きをすることができないこともあるかと思います。
そういう時に効果的なのは水を口にすることです。

 

 

ステインの付着を完全に防いでくれるというわけではありませんが、
食べたり飲んだりした後に水を飲んだり口をすすいだりするだけでも多少の防止効果はあります。

 

 

普段から意識するだけで大分変りますのでステインの付かない飲み物を探すよりも日常の歯のケアを見直してみることをオススメします。


歯が変色する原因から歯を白くする方法を考える

鏡で自分の歯を見てみたらなんかちょっと白いとは言えないような・・・
このような思いをしている方は多いと思います。

 

正確にいうと歯の本来の色は真っ白というわけではありません。
テレビに出ている真っ白な歯の人というのはほとんどホワイトニングで白くしています。

 

乳白色と言われていますが、真っ白というよりもちょっとくすんだ感じで黄色がかっています。
しかし、それを通り越して歯が変色してしまっているという人もいるでしょう。

 

とても乳白色とは言えないような黄色い色だったり、茶色くなっていたり・・・

 

そこで歯が変色してしまう原因について調べてみました。
おそらく一番多いと思われるのが食べ物や飲み物による着色汚れでしょう。

 

 

基本的には色の濃いものを飲んだり食べたりすることで着色汚れが付きやすくなると言われています。

 

こういった食べ物や飲み物による着色汚れというのは歯磨きをしたりすると落とすことができますが、
磨き残しがあったり、歯磨きをするのを忘れたりすると少しずつステインとなって歯に付着していきます。

 

 

そういった状態が長く続いてしまうと歯が変色する原因になるというわけです。
食べ物でも飲み物でもありませんがタバコのヤニも同じことです。

 

 

次に多いと思われるのが加齢による着色でしょうか。
年齢を重ねると歯の内部にある象牙質という部分が少しずつ黄色くなっていきます。
これは個人差はあると思いますが誰でもそうなっていくものです。

 

 

その色が濃くなっていきエナメル質から透けて見えて歯が変色したように見えます。
このような象牙質の変色が原因になっている場合はホワイトニングでないと白くするのは困難です。
歯の内部に浸透して歯を白くしてくれるホワイトニングジェルなんかも有効ですね。

 

 

象牙質の着色というのは加齢だけではなく、神経を抜いた時にも起こります。
これは神経を抜くことによって象牙質に栄養が行き渡らなくなって変色してしまうのだそうです。
この場合は加齢による黄ばみよりももっと色が濃く出てしまうケースが多いようです。

 

 

稀にあるケースとしては薬品の使用や服用による歯の変色というのもあります。
有名なものだとテトラサイクリン系の抗生物質でしょう。

 

 

このテトラサイクリン系の抗生物質を子供の頃(5歳から6歳)までに飲むと歯が変色します。
これも歯の表面ではなく象牙質に着色してしまうのでなかなか白く戻すことは難しいと言われています。

 

 

種類や飲んだ期間によって着色の出方は変わってくるそうです。

 

 

歯が変色する原因としては主にこれらのようなことが挙げられます。
歯を白くする方法を考える際にはこういった原因について知っていると対策も考えやすくなるでしょう。

 

参考サイト&運営サイトの紹介
http://www.memoriesofadeadman.com/
http://www.contrailfarm.com/

 


歯を白くする方法〜オフィスホワイトニング編〜

自宅でできる歯を白くする方法以外に、ある程度お金をかけて歯を白くする方法としてオフィスホワイトニングという方法もあります。
個人的にはホワイトニングジェルを使って自宅で歯を白くする方法がオススメではありますが、比較のためにそういった情報も紹介していきたいと思います。

 

オフィスホワイトニングとは?

白くて美しい歯はその人の印象も良くします。歯は様々な飲食物や喫煙などで色素沈着してしまいがちなので、ホワイトニングをすることが人気になってきています。歯科医院でやるホワイトニングをオフィスホワイトニングと言い、自宅で自分で行うものよりもきれいに仕上がるのが特徴です。歯科医院でのホワイトニングの方法は、濃度の高い漂白剤の過酸化水素を歯に塗布した上で、歯を白くする効果を高めるためにライトを照射するのが一般的です。医師の管理のもとに施術を行うので、高濃度の薬剤と強力なライトを使用して漂白作用を一気に促進できて、効果を早くに実感できる良さがあります。

 

 

また、ひどい虫歯や歯のひび割れなどがあると行えないので、そういった歯のトラブルを診察してから行える安心もあります。そして、まず手順としては施術個所の汚れを落として、歯茎に保護材を塗り、そのうえで薬剤を塗っていきます。こういった細部のケアができるのもオフィスホワイトニングの安心感があるところです。

 

 

そして、薬剤の漂白効果を上げるためのライトを照射し口をゆすぐという工程を2,3回繰り返します。
こうして理想の美しい白い歯が出来上がりますが、日々の食生活の中で少しずつ着色してしまうので、定期的にホワイトニングすることが望ましいです。ホワイトニングをした直後は食べ物、飲み物にも気を付ける必要があります。コーヒーや紅茶、赤ワイン、ココア、カレー、ミートソース、中華料理、たばこ、うがい薬、などは少しの間控えるべきです。

 

 

歯が白くなると当然笑顔が増えます。笑顔の多い人は魅力的です。そして、自分に自信が出て生活が楽しくなることにつながります。安全性と確実性のあるオフィスホワイトニングは、今後もますます人気が上がるはずです。

 

オフィスホワイトニングの種類

 

歯が白いと清潔で健康的な印象になります。
歯を白くするためにはホワイトニングが有効ですが、ホワイトニングには自宅で行うホームホワイトニングと歯科で行うオフィスホワイトニングの2種類があります。オフィスホワイトニングは、歯科で専門医が行うため安全に歯を白くすることができ、自分がなりたい歯の白さも相談やカウンセリングを行え、短期間で白くすることができ、自分でやる手間もないというメリットがあります。

 

 

基本的にオフィスホワイトニングの方法は同じで、高濃度のホワイトニング剤を歯に塗って、特殊な光を当てて熱を加えることで薬剤の効果を高めていくという方法になります。ホワイトニングに特殊な光をあてる機械には種類があり、機械の種類によって歯を白くする段階が異なっていたり、あてる回数が異なる、施術時間が違ってくるなどの特徴があります。

 

 

また、歯一本に付きかかる費用は約2000円?1万円と異なってくるのも、光照射の種類によって変わってきます。
その効果はマシンによって大きく異なってくるため、オフィスホワイトニングを行う場合には、公式サイトを利用したり、申し込み前にどんなマシンを使用しているかを確認してから行うことがオススメです。1回の処置で白さを実感できることが多いですが、1回だけでは再着色しやすいため、初めての場合には最低でも3回程度は通院することが良いとされています。

 

 

短期間で自分好みの白さにできる方法ですが、食事や飲み物の影響によってすぐに歯が汚れてしまったりするため、定期的にオフィスホワイトニングを行うか、同時にホームホワイトニングを併用していくことが歯の白さを保つためには必要となります。メンテナンスを行うことでより高い効果を得られます。

 

オフィスホワイトニングの料金相場

 

歯を白くする場合に有効なのが、審美歯科で行われているオフィスホワイトニングの治療です。歯は磨いていれば白くなるのではないかと考える人は少なくありませんが、日本人の歯というのは、元々真っ白ではなく、少し黄色い色をしています。その上に、歯磨きでは落としきれいない汚れも付着する為、歯磨きだけで真っ白な歯にするという事は出来ません。

 

 

その為、ホワイトニングという治療が行われています。ホワイトニングには、マウスピースを作り、自宅で歯に薬剤をしみ込ませるホームホワイトニングと、薬剤をつけた歯に光やレーザーを照射して白くしていくオフィスホワイトニングという方法があります。

 

 

歯を白くする治療といえば、歯を溶かしたり削ったりするというイメージを持つ人は少なくありませんが、これらの治療は歯に染み付いた汚れを分解し、元々の歯の白さを取り戻していくものです。その為、歯を削ったり溶かしたりする事はありません。そんなホワイトニングの中でも早くしっかりとした効果を実感できるのが、オフィスホワイトニングです。

 

治療費は審美歯科によって大きく変わり、1回1万円から5万円程度が多くなっています。ただ、1回では元も色よりも少し綺麗な色になる程度で、白くて綺麗な歯に変える為には、何度かの治療を受ける必要があります。治療の回数によって料金は変わり、最終的には10万円以上必要になるという事も少なくありません。

 

更に、オフィスホワイトニングで理想の白さになっても、歯というのは日々使うもので、時間と共にまた汚れが付着します。ですから、治療完了後も、定期的に治療を受ける、もしくはホームホワイトニングをしておく事がおすすめです。

 

オフィスホワイトニングの注意点

歯を白くすることによって清潔感がアップし魅力的に見えるようになります。そこでおすすめなのがオフィスホワイトニングなのですが注意点もあります。
はじめに虫歯や歯周病などがあるようならきちんと治療をしておくことです。虫歯があると施術に使用する薬剤が沁みてしまうことがありますし、歯周病ですと最悪の場合は歯を失ってしまいます。せっかく白くしても抜けてしまっては意味がありませんので、まずは健全な状態へと治療をしてから施術に臨むのが基本です。

 

 

無カタラーゼ症と診断をされている方は治療を控えることも注意点のひとつです。これは過酸化水素を分解するためのカタラーゼが足りていない病気のことなのですが、体内に有害物質として残ってしまいます。場合によっては進行性口腔壊死といった危険な状態に陥ることもあるのです。絶対的禁忌でもありますから施術に適合するのかよく調べてから受けるようにした方が良いでしょう。

 

 

ホワイトニング中は色の濃い食べ物・飲み物を飲食したり喫煙をしないようにすることも大切です。オフィスホワイトニングでは強力な薬剤を使用しますのでちょっとくらいは大丈夫と思ってしまうかもしれませんが、ホワイトニングをした後は色が入りやすい状態になっています。せっかく歯を白くするための施術が無駄になってしまうこともありますから、施術後の注意点もよく守るようにしなければいけません。

 

 

日ごろのプラークコントロールも確実に行うことも大切です。いかに施術で歯が白くなっても普段のお手入れが良くないと落ちるのも早くなってしまいます。そのため普段から歯のキレイさを維持するように意識することが大切であり、また定期的に歯科に通うといった心がけも持つようにしましょう。


歯を白くする方法〜ホームホワイトニング編〜

ホームホワイトニングとは?

ホワイトニングとは、簡単に言えば、歯の色を抜いて白くする、歯の漂泊のことです。ホームホワイトニングとは、歯科医院や審美歯科等で行うオフィスホワイトニングに対して、自宅で行うホワイトニングのことです。マウスピースと専用の薬剤を使えば、自宅等で手軽にホームホワイトニングが行えます。ホームホワイトニングには、自分の歯形を取って作るマウスピースを使用しますので、まずは、歯科医院等でマウスピースを作ってもらう必要があります。低濃度の薬液を入れたマウスピースを、一日2時間装着することで、歯を内部から漂白していきます

 

 

オフィスホワイトニングのような即効性はありませんが、10日から2週間ほどの日数をかけて、歯をだんだんと白くしていくので、後戻りがしにくいことと、自然な白さに仕上がるというメリットがあります。また、一度マウスピースを作っておけば、薬剤を買い足すだけで何度もホワイトニングを行うことができますので、オフィスホワイトニングを繰り返すよりも、経済的です。ただ、天然の歯でないとホームホワイトニングで白くできませんので、詰め物や銀歯がある方は、美白歯磨きを使う等、他の方法で白くしていくことになります。また、天然の歯でも、神経を抜いてある歯の場合は、やはりホームホワイトニングはできません。更に、効果的なホームホワイトニングのためには、使用する歯磨き剤に制限があったり、ホワイトニング後数時間は食べてはいけない食品があったり等、いくつか注意すべきポイントがあります。

 

 

ホワイトニングの際の注意事項や、ご自分の歯の色がどれくらいで、ご希望の歯の色まではどれくらい白くしていく必要があるのか、また、最適な薬剤の選択について等、まずは、マウスピースを作る歯科医院や審美歯科で、詳しく相談することが大切です。

 

ホームホワイトニングの種類

人の印象は、まずは間違いなく顔で決まります。中でも、白く輝くようなきれいな歯をしていると、印象がとても良くなります。しかし歯は、食事や飲み物、また喫煙などからどんどん汚れが付着していってしまいます。ある程度は歯磨きの際にブラッシングすることで落ちますが、完全についてしまった付着汚れに関しては、ブラッシングだけでは落とすことが困難になってしまいます

 

 

そこで、家でできる付着汚れ対策として、ホームホワイトニングがあります。ホームホワイトニングにはいくつも種類があり、どのような違いがあるのかは、素人にとってはなかなか分かりづらいものです。そこで、歯科で利用している代表的なホームホワイトニングのジェルには、4つのものがあります。

 

 

ひとつはホームホワイトACPで、アメリカを中心に多く出回っているものです。この商品は、寝ている間にナイトホワイトジェルをマウスピースに塗り、装着して利用する方法が、メーカー側からの正式な使い方となっていますが、日本人の歯はエナメル質が少ないため、起きている間に2時間ほどの利用がちょうど良いものとなっています。欧米人の歯に合わせて開発されているため、強力でまれに知覚過敏を起こすことがあります。

 

 

オパールエッセンスホワイトニングジェルは、装着時間や費用など、利用しやすいジェルで、配合されているフッ素が歯の表面を強化する作用も期待できます。ティオンのホームホワイトニングジェルは、日本の会社が販売していることから、日本人の歯に合った商品になります。ジェルがややゆるめなため、歯に良く伸びるのが特徴です。最後に松風のハイライトシェードアップです。昔からある歯科材料メーカーなため、安心して利用することができます。それぞれに使用感や価格差があり、体質によって合うか合わないかもありますので、納得できるものを選ぶようにしましょう。

 

ホームホワイトニングの料金相場

白い歯は人を魅力的に見せます。しかしながらいつまでも白い歯を保つことは困難です。
歯科医院などで歯を白くすることをホワイトニングと言いますが、これには2種の方法があります。一つはオフィスホワイトニングと呼ばれ、歯科を何度か受診し、1回約1〜2時間、薬剤を塗布しライトを当て歯を白くする方法です。料金は1回につき1〜6万円と言われています。

 

もう一つの方法はホームホワイトニングと言われるもので、歯科を受診し、自分の歯型からマウスピースを作り、その中に薬剤を入れて使用します。自宅で昼間30分から1時間使用する方法と就寝中に使用するタイプのものがあります。料金は薬剤の濃度や本数、マウスピースの精度などによって異なってくるので一概には言えませんが、2万〜5万円というのが相場になっています。いずれにしろ自由診療なので保険は適用されません。

 

 

歯の変色には3つのパターンがあります。一つめのは外因性、食べ物や飲み物、たばこなどによる着色です。これは定期的に歯科検診などを受け、プロの手で汚れをクリーニングすれば多くの場合はきれいな歯になります。二つ目は加齢によるもので、年齢を重ねると歯の一番外側にあるエナメル質が段々と薄くなり、中の象牙質の着色が透けて見えるようになってきます。三つめは外因性のもの。事故や虫歯治療により象牙質に栄養が行き届かなくなり、歯が内側から変色するものです。二、三番目のパターンは歯科を受診して薬剤を使用してのホワイトニングが必要になります。

 

 

ホワイトニングは薬剤を使ったブリーチングです。薬剤の中の過酸化水素が口の中で分解された時に活性酸素が発生し、歯のエナメル質にしみ込んだ着色物を分解するという仕組みです。ゆえに、一度行ったら永久的に保てるわけではなく、半年から1年経過するとまた変色してくるためタッチアップという追加ホワイトニングが必要となってくるのです。

 

歯を白くするホワイトニングジェルランキングはこちら


ホワイトニングで歯を白くする方法みんなの疑問

歯を白くするためのホワイトニングでの疑問点やよくある質問などをまとめてみました。

 

ホワイトニングの料金はどうやって決まる?

 

歯の美容に高い効果のあるホワイトニングですが、この治療は保険がきかないので高額になりやすいです。
ではどのような形で料金が決まっているのかというと、治療を受ける時の方法によって変化をしています。
この治療をクリニックで受けるときはある程度時間がかかるので、すぐには終わらせることができません。
そのためそれなりの時間クリニックで時間を過ごしますから、その分クリニックのスペースを利用することになります。

 

そういう負担も料金として支払うことになるので、利用する所によってある程度金額は変動をします。
ホワイトニングの負担としてあるのは歯を白くするための特殊な液体ですが、この液体の負担以外にも費用はかかります。
例えばきれいな設備が整ったクリニックの場合は、治療を受けるときの時間に比例して料金が高くなります。
そういう所があるのでどの程度の負担になるのかは、利用するクリニックによってある程度変動しやすいです。
またこのような治療法は一回受けただけでは十分ではないため、何度かホワイトニングの治療を受けることもあります。
そうなるとトータルで結構な金額になりますが、そういう場合はある程度割引をしてサービスを受けられることも多いです。

 

ホワイトニングは保険を利用した治療法ではないため、特にこれという料金が決まっている治療法ではありません。
そのため利用する所によってある程度費用の差がでることはありますが、大きな違いがでることは少ないです。
ただしどのような費用にするのかはクリニックが自由に決められるので、場合によっては高額な費用を請求されることもあります。
そういう所がありますからホワイトニングの治療を受ける時は、料金につて予め調べておくことが大事です。

 

ホワイトニングに使われる機器の種類と違い

 

白くて綺麗な歯になりたいと考えた場合に有効なのが、ホワイトニングの施術です。
歯磨きでは落とす事が出来ない歯の着色汚れを分解して落としていく事で、白くて綺麗な歯を取り戻していく治療法です。
マウスピースを使って自宅で行うホームホワイトニングと、審美歯科で光やレーザーを照射して行うオフィスホワイトニングがあります。
審美歯科で光やレーザーを照射して行う治療を受けたいと考えた場合、まず確認しておきたいのが、その審美歯科で使われている機器です。

 

機器の種類によって効果や治療にかかる時間が変わってきます。
光による治療の場合、治療自体は比較的短時間で終わりますが、効果もやや弱くなります。
効果が弱いという事は、理想の白さにする為には多くの回数、治療を受ける必要が出てきます。
アルゴンレーザー等、レーザーによる治療の場合、光よりも高い効果を期待する事が出来る為、1回の治療で歯はより白くなる事になります。

 

 

ただ、光の場合30分程度で終わる治療でもレーザーになると1時間から1時間半程度かかる事も少なくありません。
治療にかかる時間は、照射の仕方によっても変わってきます。
歯1本ずつに対して照射をする場合は、それだけ時間がかかる事になります。
ですから、気になる審美歯科があれば、治療で使われている機器や治療の流れ等を事前に確認しておく事がおすすめです。
ホワイトニングの治療を受けたいと考えた場合、治療費のみを比較検討する人は少なくありません。

 

ですが、治療で使う機器は審美歯科によって異なる為、こうした情報も事前にしっかりと収集し、比較検討しておく事がおすすめです。
それにより、より希望通りの治療を受ける事が出来るようになります。

 

ホワイトニングに保険は使えるの?

 

白い歯を維持することは美容の観点としても重要な要素となりますので、男性女性関係なく多くの方が普段から口内ケアをしっかり行っている場合が多いです。ただ、タバコを普段から吸う習慣のある方は歯にヤニ汚れが付きやすくなりますし、タバコやワイン、紅茶などを習慣的に飲む方なども歯の表面にステインと呼ばれる色素汚れが付着しやすくなりますので、健康上は問題なくても歯の色素沈着が目立つようになってしまう恐れがあります

 

最近ではホワイトニングケアが行える電動歯ブラシや歯磨き粉なども多く販売されていますが、一度色素沈着が起こって黄ばんでしまった歯のお手入れは、セルフケアで対処を行うのは限度がありますので適切なケアを受けるためにも審美歯科などの医療機関に相談をしてみることをおすすめします。審美歯科は一般的な歯科クリニックとは異なり、インプラント治療や歯並びの矯正治療など美容に関する治療をメインに行っており、ホワイトニング治療も最新鋭のマシンを利用して施術を行ってくれるので効率よく歯の黄ばみを改善することが可能です。

 

ただ施術を受ける際に注意をしなくては行けないのが施術に保険が使用できるかという点です。歯の黄ばみなどの色素沈着は健康面では特に問題は無く、病名もつかないので保険対象の治療にはならず自費で治療を受ける必要がありますので、短時間で色素分解をして綺麗な歯を手に入れることができますが、施術にかかる費用は一般的な歯科治療に比べて割高になってしまう恐れがあります。
その為初めて審美歯科でホワイトニング治療を受けようと思っている場合には、通える範囲にある審美歯科をチェックしたり治療にかかる費用などを比較しておくことが大切です。

 

ホワイトニングの施術の流れ

 

ホワイトニング施術の流れとしては、歯科医院で行う場合と自宅で行う場合に違いがありますが、歯科医院で行うホワイトニングの施術の流れとしては、まず、説明とカウンセリングを行います。これは、これはホワイトニングの説明を行い、患者のわからない点などを解消するために行います。

 

次に、口の状態を確認します。口の状態は写真撮影で行い、施術前の状態がどのような状態であるかを記録します。

 

次に、歯の色を測定します。この測定で施術を行った結果、自分の歯の状態がどれくらい白くなるのかということを確認することができます。

 

次に、クリーニングを行います。歯には着色や汚れがついていることが多いので、そういったものをきれいにします。
場合によっては、専門器具を使って歯石を取り除くためのスケーリングを行う場合もあります。

 

 

次に、口を固定して薬剤を塗布していきます。歯の根元から唇を保護して、歯の表面に対して薬剤を塗っていきます。
次に、光を照射します。光の照射をする際には、タオルやサングラスなどを使って、目に光が当たらないように照射し、照射が終わったら薬剤を塗布します。

 

次に、1回目に行われた光の照射の施術を全部で3回繰り返します。
回数を繰り返す内に徐々に歯が白くなっていきます。

 

最後にメンテナンスについて説明をして、ホワイトニングのための施術は終了となります。
ホワイトニングが終了すれば、歯は白くなりますが、その状態は放っておくとすぐに元に戻ってしまう恐れがあるので、メンテナンスをしたり、自分でもケアをしていくということが白い歯を維持するためには必要になってきます。

 

自分でもケアできる方法としては、着色料を含む食品を避けたり、タバコを控えたり、食後の歯磨きなどが重要になってきます。

 

ホワイトニングの安全性について

 

最近では手軽に自宅でホワイトニングを行うことができるようになってきていますので、ホワイトニングをする人も増えてきていますが、歯を漂泊するということで、その安全性が気になるという人も少なくないかもしれません。

 

そこで、ホワイトニングの安全性については、様々な大学の研究結果によって、その安全性が証明されていますから、安心して行うことができます。
特に発がん性の問題は、誰でも気になるところかもしれませんが、研究によって発がん性がないということも証明されています。

 

 

他にも、例えば、濃度が高い薬剤を使用するので、身体内部に何らかの問題が生じるというよりは、歯そのもの自体に影響があるのではないかと考えている人もいるかもしれません。しかし、ホワイトニングのための薬剤を付けたからといって歯が溶けてしまうということはないので大丈夫です。

 

 

ただし、ホワイトニングは安全性は高いですが、効果がなくなってしまうこともがあるので、注意が必要になってきます。ホワイトニングの効果を保つためには、ホワイトニングを行った24時間以内は、喫煙やコーヒーやワインを飲んだり、着色料が含まれる調味料などはできるだけ避けるようにします。

 

また、食後はブラッシングをすることが重要ですが、この際に着色を防ぐことができる歯磨きを使用してブラッシングをするとホワイトニング効果を持続させることができるようになります。

 

最近では、歯磨き粉の中に科学的に色素を分解してくれる作用がある歯磨き粉もありますから、そのような歯磨き粉を使用して自分でセルフケアをしてあげれば、白い歯でいられることができます。ただし、どんなに丁寧にケアをしても、自然と以前の状態に戻っていきます。